秋は食中毒の季節でもあります

| コメント(0) | トラックバック(0)

食中毒ってかかったことありますか?私はないんですけど、あれって相当辛いと思いますよ

食中毒が一年で一番多く発生するのって実は秋なんです。夏のイメージ強いですよね~あるいは冬!でも本当は秋なんです、意外ですよね
秋ってサルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌、ウエルシュ菌なんてのが多く発生しちゃうんですね

腸炎ビブリオ菌っていうのは日本で発生する食中毒の原因菌としてサルモネラと並んじゃうくらいなんですよ。1992年あたりまでは日本では一位だったようですね。なんでも海産の魚介を生で食べることが多いでしょう?それがとても関係してるんですって。けどやっぱりそれを知ったからって食べちゃいますよね、お刺身...美味しいですもん。ちなみに私はえんがわが好きですね~

そしてウェルシュ菌。聞きなれないですよね?これ、結構な厄介菌なんです。というのも、8~20時間の潜伏期をへて、水溶性の下痢を引き起こすんですよ!下痢ですからもうお腹、痛くなっちゃいますね。幸い、発熱、嘔吐はないんですけど...それでもつらいと思います...

なので秋、食中毒に気を付けましょう
基本の手洗いうがいも忘れずに、食べ物は痛ませない!常温放置はなるべくしないように!自分を守りましょうね~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hondayumi.littlestar.jp/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、kokoが2013年9月29日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鼻水がむずむず・・・それって花粉症かも?」です。

次のブログ記事は「残業なしor残業が少ない看護師の職場では治験がおすすめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。