忙しい看護師さんのみあった待遇になってほしい

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、話題のマイナビ看護師は、、転職サイトで有名なマイナビの看護師の方達の転職用のサイトなので、知名度はもちろん、信頼性も危険はありません。なんといっても、マイナビグループですから、国内の看護師求人情報が網羅されており、便利です。不利になってしまいがちな地方在住者の転職や逆に、地方で働きたいと考えている方にとっても、重宝されている看護師用転職サイトです。

我が国の法律で、看護師は医師の診療を補助する役割と定められています。


基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。とはいえ、患者さんの状態によって、緊急事態には、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。
大きな総合病院と町医者を比較すれば、年収にも差が出てきます。
こういった事を考えても、一般的な看護師の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。
自分が求める詳細な条件までしっかり整理して、そして、転職サイト選びをしてください。
そうすると、自然に自分が求めているような転職先が紹介されているかどうか、見えてくるようになるものです。

看護師の初任給は決して高くはないです。

実際に病院に入院して看護師を観察してみると、重病な患者がいなければ、決まった時間に変わりなく作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、さらなる激務となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。
実際、看護のお仕事は、求人情報に載っている休みの日、手厚い経済的保障、そして年齢などの求めるものがみやすいとと言われています。つまり、自分の希望している条件内容に合致している転職先を、スムーズに探すことができるということになります。

看護師が派遣で仕事をする時には、色々と良い所や悪い所が存在します。
まずは、良い部分として長い期間働く必要がなく、条件や都合に沿って別の職場に自由に変われることです。


不都合な部分は昇給やボーナスがないので、同じところで長期的に勤務するには適さないということでしょう。なぜナースは動く量が多いのでしょうか。オフィスワーカーと比較すると動いている時間が多いといえます。

車椅子などで患者の移動をサポートしたり、ナースコールで呼ばれると、すぐに病室にダッシュしたりするからでしょう。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、病院などの医療の現場で働く人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

したがって、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、それでも看護師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。

パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。

必ずしも病院でなくとも働く場所も多いですから、ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。
看護士の求人はたくさんありますが、思い通りの条件の求人があるとは言い切れません。
看護師の資格を持っておられる方で就職が出来ればいいという考えの方は少ないでしょう。なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤無しのところで働きたいと思っている方も多いと思います。


希望通りの条件で転職するには、情報収集が鍵を握ります。日本の看護師の一年間の収入は平均437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として勤務しているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もきちんとしています。

準看護師の場合をみてみると、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。

看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。
過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。

要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を述べるようにして下さい。
昔の看護師といえば、大多数が女性でした。

ですが、近年は看護師という名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。看護師に相応しい性格や能力をみても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師にとって大事なポイントになっています。

看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

なにしろ、女性はすぐにグループを作ってあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。
慣れていないと、そんな環境にあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため実は常に緊張状態という事もあるのです。

なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も多いそうです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。

世間一般では、看護師の仕事はハードワークだと認識されています。
近年の病院の労働環境の問題が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により労働時間が長引いてしまう傾向がみられるためです。

長い勤務時間に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、常に、疲れと心労を抱えている看護師が多くなるのでしょう。

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。面接者の評価が良くなければ、看護職員不足であるにもかかわらず落とされることもあるでしょう。
良い雇用環境と思われる仕事場はライバルがその分多数いると考えて、緊張感を失わず不足なく対策をたてて採用面接に向かうことが大切です。

爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、明朗快活に返答するように心がけましょう。
これまでは男性の看護士に制限して、士という文字が使われていました。


けれども、現在は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師という職業に従事している人であれば、師と言う漢字を使うことになっています。


看護師、看護士を同時に使用していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、一つに変更されたのだと思います。

忙しい看護師が職場を変わろうと思う際、現在の仕事をやりながら次の勤務先をみつけようとすることもあるのではと思います。
そういった時、離職しないままで、自分だけで次の勤め先を探すとなったら、十分に求人情報を吟味する時間も余裕もないなどのケースも出てきます。困ったら、看護師専用の転職サイトを利用してみると、希望条件と見合った職場をみつけられますから、利用価値があります。
当然の事ですが、看護師の仕事というのは、医療の現場では重大な職務でしょう。

常日頃、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、強すぎるストレスに陥る場合もあるのです。

いつだって看護師は、命にかかわる仕事についているわけで、非常に強い緊張感にかられることも多く、ストレスを上手に解消する工夫をすることも必要になります。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。
とは言え、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。
簡単にローンを組めるのは正規職員として勤務している看護師の場合には当てはまることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。看護師さんとお医者さん。二つの間には大きな違いがあります。大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬を処方することが仕事とされています。


他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。看護師に男性でもなれるのかを調査しました。

当然、看護師は女性が多いのですが、男の方の看護師さんも活躍しています。


男性患者だと、女の看護師の世話を受けるのが恥ずかしいと思うケースもあります。そういった時、男の看護師はとても喜ばれるでしょう。看護師は職場の同僚とパーッと飲んで騒ぐことがあります。人手が足りていないので、全員集合はなかなかありませんが、なんとか都合を付けて飲み会に行きます。仕事の悩みや愚痴などみんなで共感できるので、ストレスが昇華されて飲み会は大盛況です。看護師になろうと思っていました。

でも、家庭の事情があって会社勤めをしていました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら資格を取ることが出来る事を知りました。

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。看護師は治療に関することばかりでなく患者の生活の手助け的なことも、やっています。
クリニックで、看護師のように慌ただしい職員はいないのではと考えます。だから、忙しい看護師さんのみあった待遇になってほしいと思います。看護師の仕事内容は、一般的に医師の診察を補佐する役目から、患者の日常の世話まで広範囲にわたる勤務内容で勤務時間が長時間だったり夜勤がいっぱいあったりというしんどい仕事です。
体力のいる仕事であるにもかかわらず、それに釣り合ったお給料がもらえない事も大きな不満の原因です。

突然の交通事故により、救急搬送された時に、医師の見落とした鎖骨の骨折を見つけて処置を施してくれたのは若い看護師の方でした。通院中に知ったのですが、かなりお若いのになんと看護師長さんだったのです。
能力評価が正当にされた結果だと思います。

常にナースはスマイルを保つことが重要です。来院者は不安を持っているということが少なくありません。
看護師が笑顔でいたらほっとできるのです。


常にニッコリ笑って接することを意識しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hondayumi.littlestar.jp/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、yumiが2017年4月 7日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「面倒だわ」です。

次のブログ記事は「大卒ではキャリアアップに有利なことが多い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。