大卒ではキャリアアップに有利なことが多い

| コメント(0) | トラックバック(0)

看護師が引っ越しで転職するような時は、知らない土地で、転職先を探すことは大変苦労します。
職場環境、現地での評価などを自身で、全部調査するのは不可能でしょう。

近くの市町村で探す際も、自分の期待に合った転職先を探すと、想像したよりも求人の情報の少なさに驚くかもしれません。

看護師として仕事する際、辛くないといわれているのが、外来の勤務形態です。
人の命にかかわるということでの責任は同じですけども、日勤だけで夜勤がない、休日がとりやすいなどといった理由で外来勤務を望む人も増加してきています。
看護師の資格を得るための国家の試験は、年に1回実施しています。

看護師の不足が問題視されている日本にとっては喜ぶべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後とえらく高い水準を維持している。看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすると合格できる試験でございます。
看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。

しかしながら、病院における看護業務の他にも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。
つまり看護師であれば、病院ではなくても仕事をすることが可能であり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。

私の知り合いの看護師が退職するかしないかで迷っていると相談がありました。最近、結婚したのですが土日祝日も仕事で、土日休みの夫と休日が合わず、時間を取りにくい生活が続く傾向があるようです。子供も欲しいし、でも、今の仕事は続けていきたいと迷っていました。
普通、看護師としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。

具体的には、婦長と聞けば誰でも知っている役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。

昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も増加しているため、国家資格を持った正看護師の立場では階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それを支払ってもらえるでしょう。ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。
つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。
準看護師が手術室に入ることは許可されておらず、もっと高度な専門部署に転属を望むとしたら、不利です。
こういった感じで、準看護師と正看護師が異なる点は、勉強時間や試験内容なども違ってきますが、将来、看護師になりたい場合、正看護師になるという事が基本的に浸透しているみたいですね。
看護師が転職しようとしても、一人だと待遇の交渉をすることは不可能なケースもありますが、看護師転職サイトを利用すると代わりに交渉してくれるので、いい条件の転職が実現するかもしれません。転職が初めての人には、採用担当者に好印象を与えやすい履歴書などの記入の要領を教われることも役に立ちます。日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する看護師は、公務員として従事しているため、平均年収は約593万円になります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院と比較して高く、福利厚生も整っています。

準看護師の場合をみてみると、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。

ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の看護師も珍しくなくなりました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。

母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。学校は看護学校を卒業しました。
そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。
さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職することを決めたのでした。

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。
禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。


でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。

アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。

それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。


立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。
それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。多くの方々と出会うことが出来る街コンですが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。

職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。


看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ですが、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと上手くいくケースばかりではないのが現実です。
看護師というものは、本当に大変です。


夜勤も度々しなくてはならず、病院の方も経営が厳しくて、わずかな人数で仕事をするしかないこともあります。


過労でウツになってしまう方も多数存在し、辞めてしまう割合もかなり高いのです。看護師が白衣の天使とはいっても、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。
慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。

することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。
履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。
しかし、看護師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性もテストされていると思ってください。

実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もアピールできると、とても有利でしょう。

看護師が働き先として違う病院を探す場合にも、公共職業安定所や民間の求人情報誌などを利用して転職先を探すというのがありふれた光景だと思います。
でも、驚くことにこういった媒体に求人を出す病院というのは多くはないのです。
病院が、ハローワークや求人情報誌などで求人している場合、働く条件が悪かったり、職場環境がよくなかったりで、人を集めるのが困難な病院が多いのです。転職しようと思う看護師の志望動機には多様なものがあります。
一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、経験豊富になるために、より専門的な病院に転職したいというきっかけもあるようです。
また、結婚とか出産といった生活環境の変化に合わせて新たな職場を探すケースも少なくありません。働く時間を、自分である程度調整でき、したい仕事を多くの中から選べるのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。看護士の求人は多数ありますが、自分の希望に合った求人があるかどうかは分かりません。看護師の資格を持っている方ならば就職すればそれで良いという人は少ないはずです。
年収ができるだけ多く環境も整っており、夜ではなく日中の勤務をしたいと思う人々が大勢いるのです。

理想通りの職場に転職するためには、情報を集めることが大切です。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。


面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員を望む職場が多い現状でもご縁がなかったということにもなるのです。

言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと応募者数も多くなりますから、気を抜かないで万全を期し採用面接に向かうことが大切です。クリーンな印象のファッションで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。看護師という仕事をしているのは女性が大部分を占めているため、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、結果的に離職率が高い仕事となっています。それから、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして欠かせないものに年収が高いということがあります。
初任給で考えても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも高めだといえるでしょう。ただし、そのように高給をいただくということはそれだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。
修学旅行や一般向け旅行企画に同行し、緊急対応として怪我や病気の手当てや病院を探す看護師もいます。

子育てしながら働いている人は土日は休暇であったり、日勤のみの職場を追求しているものです。病院以外で看護師として働くには、それぞれの場に応じた専門的知識を習得し、認定を受けた看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。
看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。


普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。
けれども、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。


少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。

時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。
転職サイト、看護roo!の中の看護師だけのコミュニティサービスでも、先輩看護師の助言や看護師同士の気になる話題が網羅されていて、かなり人気になっています。あと、看護師に関する知りたいことやききたいこと、それに対する回答もこのコミュニティなら読むことが可能ですので、かなり参考になるはずです。
看護師の仕事に就くには、ただ、知識や技術だけではなく、「この業界で仕事をするんだ」という強い気持ちが大事だと思います。
なんといっても、専門職であるため、OLなどに比べると高収入で、勤め先にも困りません。

しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。看護師になるための手段として、一般的に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。


対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安くカリキュラムとして実習がメインであるので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。
日本の平均寿命は伸びる傾向にあり現在では超高齢化社会になってしまいました。この状況下で、需要が見込まれる職業が看護師と介護士、医師です。

全て専門知識、専門技術が必要で、簡単な仕事というわけではありません。3つの職業人を育てることについて政府は今よりも、真剣に考慮した方がいいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hondayumi.littlestar.jp/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、yumiが2017年4月 7日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忙しい看護師さんのみあった待遇になってほしい」です。

次のブログ記事は「先輩看護師によるアドバイスや看護師ならではの話題がいろいろ掲載されている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。