先輩看護師によるアドバイスや看護師ならではの話題がいろいろ掲載されている

| コメント(0) | トラックバック(0)

看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ですが、患者さんの状態によって、緊急事態には、看護師の経験や知識にもよりますが、それなりの医療行為も認めるべきだと思っています。

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。
どういう訳でその勤務場を選んだのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのは容易ではありません。

たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうが採用に結びつきやすいと思います。看護師には、看護師の資格と言っても、看護師の資格と准看護師の資格の二種類が日本にはあります。一般的には、准看護師免許を持つ人は、キャリアに磨きをかけるために、看護師の資格を取得すべく努力します。


准の字が付くか付かないかで、専門知識はもちろんのこと、待遇面でもかなり差が出ます。

看護師というのは今でも人手不足となっているのです。この人手不足をどうにかするには、看護師の免許がありながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いと感じられます。
そのためには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が悪い部分を改めていくことが大切です。看護師の人が転職に思い至ったケースでは、働きながら転職先を探そうとすることもあると思います。

そういった時、働きながら自分だけで次の勤め先を探すとなったら、求人の情報を調べる時間がとれないといった場合もあるものです。看護師用の転職サイトを使うと、自分の希望に沿った働き口を勧めてくれるので、とても役立ちます。看護師の仕事、介護士の仕事の大きな差異は、やはり、看護師は医師の指示に従って医療的な行為が可能だということです。注射や点滴、投薬などの医療行為は、看護師だけが可能なのです。


大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、自負を持って、この仕事で一生やっていくと考える看護師が何人もいるのは、しっかりとした責任感や使命感があるためだといえるでしょう。お年寄りの方の増加が進み、福祉の現場での看護師の重要性は増加する一方です。

さらに巨大企業にもなると医務室には看護師がいて、健康面やメンタル面における相談についてのケアを受け付けています。


そんな場合は、その会社に入社することもあると言えるでしょう。

看護師は非正規雇用としてパートやアルバイトで働くこともあります。

そこで、大事なのが1時間あたりの給与です。正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は待遇が良くないことが多々ありますので、やっぱり、時給を高くしてくれないとやりがいが見つけられないですよね。理想を言えば、時給が高いことに越したことはないです。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。

でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、実は常に緊張状態という事もあるのです。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も珍しくないのです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。

女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師を養成する学校というのは看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。


出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。ただし、そうしてうまく、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。


こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってきて、働く人も増加中です。

看護師の立場でだと仕事と育児をどちらもこなすのは容易ではない問題といえるでしょう。本人は病院で仕事をしたくても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、実に様々な問題が生じてしまいます。看護師と育児をどちらもこなすのは自分だけの問題としてよりも医療全般の課題として取り組むことが必要になってきます。看護師になろうとする人が受ける資格の国家試験は、年に1度行われます。看護師の不足が問題となっている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高水準を保った状態です。
看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、決められたラインをクリアできれば合格できるものです。実際、看護師さんは重労働です。くれぐれも過労死をしてしまわないように自らを気遣ったほうがいいかもしれません。

条件が希望に沿っていなければ職場を変えることを念頭に入れてみてください。

完治までに時間がかかる病気になれば、働くことも厳しくなります。

結局、自分の体は他の誰も守ってくれることはありません。
将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。能力を磨いておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に合う職場を探すことも大切でしょう。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。

休みを自由にとれて、したい仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあってこちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであればできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。結婚相手として男性から人気が高い看護師が、意外と未婚の人が多いようですね。具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が指摘できるのです。

晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。看護師は、患者と関わることが多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を付けた方が良いでしょう。


看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが大事です。職場の環境によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを知っておいた方が良いでしょう。

妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、慎重に行動してください。

もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、軽く考えない方が良いでしょう。
勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。


必ず適度な休憩を取るようにします。私の叔母にあたる親戚が、離婚をして地元に帰ってくることになりました。

久しぶりに再会した思っていたより叔母は元気そうで、「看護師の資格があるのだから、どんな時でも仕事に困ることはない。

誰かの世話になんかならなくっても生きていけるわ」と笑顔でした。一般に、看護師の平均給与額は、あれほどの激務にもかかわらず、それほど高額ではないのが実態であるようです。

ですから、いつもよりよい月給を支給してくれる勤務先を志望して転職活動をしている人がいます。

お給料が良い病院は、当然、人気で稀にしか空きが出ないため、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職活動をしている人もいるようです。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても年収にも差が出てきます。
こうしたことを踏まえても、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

看護師資格を取るための国家試験は年毎に一度あります。ナース不足が懸案となっている今の日本に好都合なことに、最近の看護師資格試験の合格率は、9割という高い水準を、キープしています。看護師試験は、大学入試などのふるい落とす形式ではなく、予め決められたラインを超えれば試験に合格できるのです。

とても仲の良い看護師が、この前、転職をしました。いったいなぜ?と理由を問うと、「暇でしょうがなかった。

というようなことでした。世間には、働きたくないと願う人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。自分にピッタリの看護師転職サイトを選び出すためには、第一に自分の希望をちゃんと把握しておくことが重要です。ぼんやりと、「転職してみたい」と思い描いているだけでは、あなたに合う転職先など見つかるわけがありません。看護士の求人は多数ありますが、理想にピッタリの求人があるかどうかは分かりません。看護師の資格取得者で働く事ができれば良いという方は珍しいでしょう。

給料も多めで尚且つ健全な職場環境で、日勤のみのところで仕事をしたいと多数の人が考えているものです。

理想条件にあった仕事に再就職するには、沢山の情報を集めることが必要です。

看護roo!というHPにある対象が看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師によるアドバイスや看護師ならではの話題がいろいろ掲載されているので、たいへん人気が高くなっています。あと、看護師に関する知りたいことやききたいこと、それに対しての答えもコミュニティ内で知ることができるため、たいへん参考になりますね。
一般的に、看護師が行う仕事は、入院病棟か外来かで、それから、総合病院であるか、個人病院かによって、違ってくるのですが、病気を発症した人や怪我をしてしまった方のお世話、看護が中心です。看護を受ける側が安心して治療をするためにも、大切なのが、看護師だといえます。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが選べると良いですね。子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を利用できる別の仕事を探すことを勧めます。海外で医療従事者として手助けしたいと思案している看護師の方もいるでしょう。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。
海外で看護師とし働くためには、患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要不可欠なのです。看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hondayumi.littlestar.jp/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、yumiが2017年4月 7日 15:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大卒ではキャリアアップに有利なことが多い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。