看護師の転職の極意

| コメント(0) | トラックバック(0)

看護師の役目で大変な事の一つに夜間勤務があるという事があります。

医療機関では夜中でも患者さんの病気の状態が急変する事もありがちです。そんな場合に、対応するために多くの看護師には、夜の業務があるのです。といっても、看護師にとって夜間勤務というのは健康を害しやすくなるため、、負担が多分にあります。
外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。まず、手術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。
良くない面を挙げると、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期に渡って落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。


看護をする人の転職を上手くいかせるには、先のことを考えて出来るだけ早く動きだすことが大切です。

また、どんなことを重視するのかを定めておいた方がいいでしょう。
これからどうなりたいかをはっきりして、その将来像に合った転職先のインフォメーションを少しずつ集めてください。年収、働く環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もいくつか出しておきましょう。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、よく知られている、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。
その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。


医療機関には、看護師は欠くことのできない大切な人的資源です。
でも、看護師の仕事に対する待遇はあまり良いとはいえないでしょう。夜に仕事をする機会がありますし、休日が多くないという過酷な労働環境が多いにもかかわらず、支払われる給料の金額は、世間で言われるほど高くないでしょう。離職率が高くなってしまうのも、当たり前のことなのかもしれません。看護士が行える医療行為は、これまでは範囲を限って、行われてきました。ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、緊急的な対応を可能にするために患者の気管に点滴を行うなどの一部の医療に関係する行為が許可される予定です。行えるようになったことは、研修をある期間受けて、失敗しなくなってから自己判断で実行に移せるのが特色です。

残業をした場合、残業代をもらえるのは普通のことです。

ただ、看護師という職の場合、時と場合によっては残業代が十分に出ないといったことがあります。

中でも、転職をしてきたばかりでその環境に不慣れな場合には、どうしても残業の申請をしづらい雰囲気があるものなのです。


看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、きちんと残業手当がもらえるようにする必要があります。
病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、配属先は、とても重要な事柄です。

同じ病院で働く場合でも割り当てられる診療科によって、仕事の種類が全く違ってきます。

自分の希望する配属先で仕事をするなら問題は発生しませんが、不得意と考えている配属先だと仕事をうまくこなせない事例も考えられます。
医者の業務を看護師の方が行うようになり、職務内容が広がっています。
注射や点滴、カルテの整理、記録、多く発生する急患の対応に追われて休みづらく、家に帰れないことも増えているそうです。
結婚、出産をした看護師にとっては、家事と子供を育てることに加えて仕事は、きつ過ぎます。ますます離職者が増加してしまい、看護師不足は解決できません。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、慎重に行動してください。それからまた、薬の取り扱いについても妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、気をつけないといけません。


立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でやりようによっては、土日に休むことも可能です。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


予定にない急な出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日は休みでしょう。

私の友達にも、看護師をしている人がいて、高い給料をもらえていると羨ましいと言われています。


でも、看護師の業務内容は、夜間の勤務も含んでいることが多く、生活サイクルが一定にできませんし、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスとか悩みはいつもあるでしょう。
こういったことを考慮したら高い給料は当然のことだと思われます。

看護師の働くところといえばホスピタルという印象が普通でしょう。


また、ナースの資格を活かせる職場は、病院の外にも色々とあります。保健所で保健師とよく話し合って地域住民の健康上のいろいろな対応をするのも看護師の責任です。

また、福祉施設には医師がいつも居るところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。

早期に、辞めてしまう看護師はかなり多いです。
女性の職場だけに、一度こじれると面倒で、看護師だといつでも再就職可能なので、我慢する必要がありません。

その他の仕事に比較して看護師は再就職が容易ですから、理想の労働条件とあまりにも違っているようなら、躊躇なく辞め、もっといい病院に転職する人も珍しくありません。実は、看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。

実際に病院に入院して看護師の仕事ぶりをみていると、多くのサポートが必要な患者が入院治療中でなければ、定められた時間に一定の作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。

深刻な患者が入院している場合には、さらなる激務となってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。

看護師として働く時、他に比べて、楽だといわれているのが、外来による勤務です。当然、人の命に関するということでの責任は違いはありませんが、夜に勤務する必要がない、休みが取得しやすいなどの理由により外来勤務希望の人も増加しています。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。

病院に初めて看護師が就職を果たした時、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定されることもあり得ます。
配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、検討された結果であることがほとんどでしょう。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。
たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが大体の相場らしいです。

単にパートの時給としてみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。

看護師として働きたいと思ったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える患者さんの支援を行う、仕事の喜びを感じたためです。実際、私自身も以前入院中に、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、これからは私が看護師として、クランケの手助けをしていきたいと考えています。

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかを言語化できるようにしておきたいものです。

転職の条件が決まった方は、「看護師求人女学園 おすすめ転職サイトランキングで失敗知らず」といった比較サイトをチェックしましょう。

日中だけの勤務がよい、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で頑張り続けることはありません。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。そして、3ヶ月は使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。急いで決めた仕事だと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望の条件に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。
このため、自らの条件をクリアにしておきましょう。

どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。仕事を円滑にこなしていくためといった理由である業界でしか通じない言葉が使われているでしょう。看護士でも同じようにその職独特の言葉が使われているのです。例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使って会話しています。
多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進し、階級が上がることがあります。具体的には、婦長と聞けば比較的想像がつきやすい役職ですよね。
でも、また別に主任などの役職があるのです。

昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も多くなっていますので、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場になるわけです。
役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。日本国内の看護師の年収は平均して437万円ほどです。


しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として仕事に携わっているため、年収を平均してみると593万円ほどになります。


公務員看護師は給料の上がる率も民間病院より上で、福利厚生も整っています。
準看護師の場合をみてみると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。看護師の求人はたくさんありますが、求める条件に合う求人が見つかるという保証はありません。看護師資格を有する方でただ就職ができればどんな職場でも良いと考えている方は少ないでしょう。
できるだけ高収入で職場の待遇も良く、夜勤がないところで仕事がしたいと考えている方が多いものです。
望んでいるところに転職するには、情報を集めることが必要になってきます。仲のいい叔母が、離婚をすることになってふるさとに戻ってくることになりました。しばらくぶりに会った叔母は私が想像していたよりも元気で、「看護師の資格があるのだから、仕事には困らない。ダメ夫に面倒見てもらわなくても十分に生活していけるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。

毎年、多数の人が看護roo!を使い、転職に成功しているようです。
転職サイトの看護roo!は、厚生労働大臣から許可されて経営している会社であり、JASDAQ上場企業でもありますから、サイトの情報も頼りにできます。
きちんとした看護師の勤め先を調べることができます。
何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。
ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、常に緊張を強いられる状態なのです。
そのため、うつ病を患う看護師も意外と多いのです。


性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
看護roo!サイトの中にある看護師のみが参加できるコミュニティサービスも、先輩の看護師がくれるアドバイスや看護師ならではの話題が数多く載っているので、たいへん人気が高くなっています。
それと、看護師に関係した質問とか疑問、そして、その回答もすぐに読めるので、かなり参考になるはずです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hondayumi.littlestar.jp/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、yumiが2017年6月 7日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先輩看護師によるアドバイスや看護師ならではの話題がいろいろ掲載されている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。